Now Loading...

Now Loading...

SEO対策チェックサービスメインイメージ

SERVICE

Search Engine Optimization checker

SEO対策チェックサービス

SEO対策チェックサービス

クラックスでは、お客様のウェブサイトのSEO対策状況(内部要因・外部要因)を診断し、改善点と対策方針をご提案いたします。
検索エンジンにも評価される質の高いコンテンツとウェブサイトの構築をお考えのウェブご担当者様や、
インハウスSEOに取り組みたい経営者様はぜひご相談ください。

SEO対策とは?

SEO(Search Engine Optimization)は、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。
サイトのコンテンツの利便性・有益性を高めて、Googleなどの検索結果画面に自社サイトのコンテンツを表示させ、
サイトへの訪問を獲得する施策です。
検索エンジンは、検索する人にとって、より役立つ情報を提供することを至上命題としています。
このため、より検索ニーズに合ったコンテンツを検索結果上位に表示するように日々精度を向上させ続けています。
SEO対策は、こうした検索エンジンに評価される「質の高いコンテンツ」を作成することで検索流入を増やすことが目的です。
このため、SEO対策で最も大切なのは「検索者のニーズに沿った価値あるコンテンツ」を作成することになります。

SEO内部・外部要因イメージ




SEOの内部要因と外部要因

検索エンジンは、コンテンツの質を「掲載されている情報の中身」「情報正確性」「情報の鮮度」「発信元の信頼度」など
様々な側面から評価します。
さらに、こうした「内容」に関わる評価とは別に、
「利用しやすさ(ユーザビリティ)」「外部からの推薦状況(外部リンク)」といった要素もコンテンツ評価に用いられます。

SEO内部要因

この「利用しやすさ(ユーザビリティ)」という要素と、「検索エンジンに正しく情報を伝えているか」の2つの指標をあわせたものがSEOの内部要因と呼ばれます。
内部要因では、「正しいHTMLで書かれているか?」「何の情報が分かる単語が見出しに入っているか?」「ナビゲーションは分かりやすいか?」など技術的な要素が評価されます。このため内部要因はSEOのテクニカルな側面と言われます。
内部対策の改善にはHTML適正化はソースコードの改変、ページの読み込み速度の改善などテクニカルな部分が多く敬遠されがちです。しかし、テクニカルな要素は検索エンジンにコンテンツの中身を正しく伝えるために非常に重要な要素です。逆に言えば、いかに素晴らしい内容のコンテンツを作っても、ページの読み込みに問題があったり、ユーザビリティが悪かったりすると検索エンジンには評価されません。

SEO内部要因イメージ

SEO外部要因

一方、「外部からの推薦状況」は外部要因に属します。検索ユーザーに「これが知りたかったんだ!」と思われる質の高いコンテンツを作成することで、自社以外のサイトから「そのことが知りたいのなら、このサイトを見れば参考になりますよ」と推薦のリンクを獲得できているコンテンツを評価するものです。
外部要因で重要なのは、あくまで自然に推薦されたリンクが評価されるという点です。対価を払って外部リンクを大量に獲得したり、自作自演で別のサイトからリンクを貼ったりする行為は、悪意を持って検索結果を操作する行為と判定され、サイト全体が検索結果に一切表示されなくなることもあります。

SEO外部要因イメージ

質が高いコンテンツが評価される流れ

質が高いコンテンツが評価される流れ

クラックスのSEO対策チェックサービス

クラックスでは、お客様のサイトのSEO対策状況を総合的に診断するサービスを提供しています。
「SEOを始めたいがどこから手をつけていいかわからない」「コツコツとブログを書いているけど、サイトの訪問数が伸びない」
「そもそもSEOのことがわからない」という方はぜひご相談ください。まずは弊社のSEO対策チェッカーでお客様のサイトを調査いたします。

コンタクトイメージ

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談、資料請求は下記ボタンよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

  • ウェブ解析士認定講座・検定

  • パートナー(ProNet)

  • shopify partners

ページの先頭へ戻る