Now Loading...

Now Loading...

SERVICE

e-commerce Construction

自社ECサイト構築サービス

E-commerce Construction
早期に利益を生み出す
ECを構築

自社EC(ネットショップ)を立ち上げたら、すぐに商品が売れて儲かるなんてことはありません。
多くの自社ECサイトが、当初の期待とは裏腹に利益を出せずに撤退しています。
クラックスでは、お客様が継続的にECを運営して利益を伸ばしていけるECサイト構築を、
プランニングの段階から支援しています。

ECサイトの運用コスト

ECサイトで早期に利益を生み出すためには、運用コストの把握が欠かせません。
ECサイトを運用していくためには、ECシステム利用料、倉庫システム利用料、倉庫保管料、運用要員人件費(専任従業員の給与)などの固定費が毎月掛かります。
加えて、商品を1つ販売する毎に、原価(仕入価格)や決済手数料、送料、倉庫作業費(外部倉庫を利用の場合)などの変動費が掛かってきます。
売上からこれらの固定費と変動費を引いた部分が、お客様が手にする最終的な利益になります。
この利益で初期投資(サイト構築費、ECシステム契約初期費用など)を回収できて初めて事業黒字化の目処が立ちます。

ECサイトの運用コスト

  • 固定費
  • 変動費

自社EC立ち上げ期に重要な
損益分岐点超え

例えば、販売価格:5,000円、商品原価:1,500円の化粧品を売っているECを考えてみましょう。このECが単月で収支をトントンにするには(利益が0円の状態)、何個商品を売ればいいでしょうか。

  • 固定費
  • 変動費

変動費と固定費が以下の表に記されている費用だった場合、87個売らなければ収支がトントン(利益=0円)になりません。つまり、87個以上売らなければ、事業としては赤字が続くことになります。
この87個という数値を損益分岐点販売数と言います。

売上高¥437,037販売単価×
販売数量
販売単価¥5,000
販売数量87.4
変動費合計¥201,037変動費合計
原価¥131,111原価×販売数量
決済手数料¥17,481売上高×決済手数料
送料¥39,333送料×販売数量
倉庫作業費¥13,111倉庫作業費×
販売数量
固定費合計¥236,000固定費合計+
マーケティング費
ECシステム
利用料
¥10,000
倉庫システム
利用料
¥20,000
倉庫保管料¥6,000倉庫保管料
(1坪)×坪数
人件費¥200,000
マーケティン
グ費
粗利益¥0売上高ー変動費
合計ー固定費合計

ECを継続して運営していくためには、できるだけ早期にこの損益分岐点販売数を超えて、利益を積み上げ、初期投資(システム契約初期費用、サイト構築費用など)を回収していかなければなりません。
また、サイトを作れば自然に売れるということは通常はありえないので、販売数を伸ばしていくためにウェブ広告などのマーケティング投資が必要になります。
つまり、EC事業で利益を出して、攻めに転じるためには、こうしたコスト構造を理解した上で、初期投資とマーケティング費用を配分する必要があるのです。

~ECの計画に不可欠な損益分岐点の把握~

早期に損益分岐点超えが可能な商品・価格設計


自社ECサイト成功のポイント

  • ポジショニングの明確化
    ポジショニングの明確化
    ECサイトの計画段階において、最も重要なのはセグメーション、ターゲティング、ポジショニングの明確化です。(マーケティングのSTP)“誰に”“何を売るのか”、競合他社に対してどのようなポジションを目指せば差別化できるのかを、しっかり考えることが出発点です。
  • 早期に損益分岐点超えが可能な商品・価格設計
    早期に損益分岐点超えが
    可能な商品・価格設計
    STPが定まったら次に考えることは、ターゲットニーズに応じたサービス設計と、価格感度に応じた商品設計です。ECにおいて初期の価格設定は非常に重要です。一度低く設定した価格を上げるのは至難の技です。付帯サービスの導入も検討して、できるだけお客様が納得して払える売価を設定し、早期に損益分岐点を超えることが重要です。
  • 立ち上げコスト・期間を圧縮
    立ち上げコスト・期間を圧縮
    立ち上げて1~2年のうちに撤退するECの多くは、どのくらい販売したら初期費用が回収できるのかを見極めずに、過大な初期投資をして失敗するケースが多く見受けられます。このバランスを初期段階できちんと計画する必要があります。また、STPは外的環境の変化によって変化します。定めたSTPの仮説が有効なうちに早期にECを立ち上げるために立ち上げ期間をできるだけ短縮することも重要です。
  • 充分なマーケティング予算の確保
    充分なマーケティング予算の確保
    ECを伸ばしていくためには、初期投資よりも継続して投入するマーケティング投資の方がはるかに重要です。過大な初期投資は避けて、立ち上げ後、売上が軌道に乗るまで継続して投資できるマーケティング予算を確保する必要があります。
  • 継続してPDCAを回す
    継続してPDCAを回す
    ECサイトを成功させるためには、日々細やかな改善を続けることが最も重要です。サイトを作って商品を掲載したら、自動的に売れるということはまず有りえません。定期的にアクセス解析や顧客調査などを行い、仮説検証→修正→テストのサイクルを継続する必要があります。

クラックスのEC構築サービス

クラックスでは、数多くのECサイトのサポート経験から、事業継続可能な“利益を出せるEC”の構築をサポートしています。ECをやってみたいけど、何から手を付けたら良いかわからないというお客様は、ぜひ一度お声がけください。

  • SERVICE_1

    戦略立案からサポート

  • SERVICE_2

    資金に合わせてベストエフォートな
    プラットフォームを提案

  • SERVICE_3

    立ち上げ後のマーケティングをサポート

  • SERVICE_4

    PDCAを自社で回していくための
    伴走型コンサルティングサービス

詳細はECコンサルティングサービスへ

5社様限定

Shopify ECサイト
構築
キャンペーン
実施中!

話題のSaaSのECプラットホーム「Shopify」を
利用したEC構築を特別価格で承っております。

サイトデザイン商品点数に応じた
リーズナブルな料金を設定しております。

5社様限定のキャンペーンになりますので、
お早めにお問い合わせください。

shopify partners

Shopify EC構築キャンペーン特別価格
商品数 1~20 21~50 51~100 101~
構築料金 ¥50,000 ¥80,000 ¥100,000 お見積り

上記キャンペーン価格はShopifyの標準機能を利用したECサイト構築の場合の価格になります。カスタマイズをご希望の場合は要件に応じてお見積りさせていただきます。

有料のテーマ(サイトテンプレート)をご利用の場合はテーマ購入費が追加となります。

商品写真、商品説明原稿はご支給いただきます。

写真撮影や写真素材購入をご希望の場合は別途お見積りさせていただきます。

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談、資料請求は下記ボタンよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

  • ウェブ解析士認定講座・検定

  • パートナー(ProNet)

  • プライバシーマーク制度
    株式会社CRUXは、
    プライバシーマークを取得しています。

弊社の小田切が執筆に加わった
『Googleデータスタジオによる レポート作成の教科書』

ページの先頭へ戻る