Now Loading...

Now Loading...

SERVICE

Web Order System Construction

Web受発注システム・BtoB EC導入支援

Web受注システム・BtoB ECとは?

現在、メーカーと問屋、問屋と小売店などの企業間商取引のデジタル化が急速に進んでいます。

大企業においては、以前からEDI(Electronic Data Interchange)と呼ばれる電子商取引の仕組みを導入されていました。
しかし、専用回線を使って企業間の取引データをやりとりするEDIはシステム構築費用やランニングコストが高く、
中小企業では導入が難しいというのが現実でした。

こうしたなか、インターネットを利用してBtoB商取引をオンライン上で完結する
Web受注システムやBtoB ECサイトが登場しました。

Web受注システムやBtoB ECサイトは、従来のEDIよりも導入費用が格段に安く、ランニングコストも低く抑えられます。
このため、これまでEDIに手が届かなかった中小企業でも急速に導入が進んでいます。

弊社では、お客様のビジネスに合ったWeb受注システムやBtoB ECサイトの選定・構築をサポートしています。
日々の受発注業務効率化や新規取引先開拓をお考えの企業様は、ぜひご相談ください。

Web受注システム・BtoB ECの導入メリット

受注業務の省力化

電話やFAX、メールによる注文受付では、出荷伝票や納品書を出力するために入力作業などの労力がかかります。Web受注システムでは、顧客がネットを使って発注するため、注文情報の入力作業などが不要になります。

人為的ミスの解消

電話やFAX、メールなどによる受注業務では、どうしても転記モレやミスなどの人為的なミスが発生しやすくなります。Web受注システムを導入することにより、こうしたミスを解消することが可能です。

出荷・請求処理業務の効率化

多くのWeb受注システムでは、出荷指示や請求処理業務をオンラインで完結して効率アップできます。同時に出荷モレなどのミスを解消できます。

問い合わせ対応の削減

BtoB ECサイトで、Q&Aコンテンツ(よくあるご質問コンテンツ)を充実させておくことで、電話やメールでの問い合わせを削減することが可能です。

新規取引先開拓

BtoB ECサイトには商品を一般のユーザーも閲覧できるセミクローズタイプがあります。セミクローズタイプを利用してプロモーションを行えば、これまで接点がなかった顧客と出会い、販路を拡大することができます。

ペーパーレス化による
コストカット

現在でも多くの中小メーカーや製造業者では、注文用紙を郵送やFAXで顧客に送っています。Web受発注システムを利用すれば、これらの紙資料の作成費用や配送コストが不要となります。

こんなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。

お客様のビジネスに合ったパッケージの選定からサポートいたします。

  • 上司から言われてWeb受注システムやBtoB ECを調べたけど、たくさんありすぎてい選べない…
  • うちの会社の取引は独特のルールがあって、どのBtoB ECが合うのか分からない…
  • WebやITに関する知識がないので、どうやって頼めば良いのか分からない…
  • 部下にはもっと商品企画や提案書づくりに力を使ってほしいのだけど、注文情報の入力や問い合わせ対応で毎日忙しそう。どうしたものやら…

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談、資料請求は下記ボタンよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

  • ウェブ解析士認定講座・検定

  • パートナー(ProNet)

  • プライバシーマーク制度
    株式会社CRUXは、
    プライバシーマークを取得しています。

弊社の小田切が執筆に加わった
『Googleデータスタジオによる レポート作成の教科書』

ページの先頭へ戻る