Now Loading...

Now Loading...

SERVICE

Aerial Photography

空撮サービス

Web制作会社の空撮サービス

  • 以前の空撮はヘリコプター等を使用し、非常にコストのかかる撮影でした。
    現在、マルチコプター(ドローン)の登場により、操縦機+iPadでのプレビュー操作することで、これまでは通常の撮影では不可能であった空撮や低空撮影等幅広いシチュエーションでの撮影が可能になりました。
    わたしたちクラックスでは、Web制作会社でありながら空撮サービスも承っております。撮影・動画編集、最終的にどのようにWebサイトへ落とし込み、どのようにユーザーに伝えていくのか立案・支援することでローコスト、ワンストップのサービスでご提供させていただきます。

Aerial Photography
サービスの特徴

  • 高品質な映像を
    ローコストで

    ドローン(マルチコプター)を活用することで今までのヘリコプターやセスナでの撮影ではなく、手軽に空撮をご利用いただけるようになりました。建造物等、被写体をよりダイナミックに撮影することがローコストで可能です。

  • ワンストップで

    ロケハンを含めた撮影だけでなく、映像の編集・配信までワンストップで承ります。配信方法についてはYouTubeやfacebook等のSNSを活用しより多くのユーザーに訴求を行います。また、Webサイトを含めた構築も可能です。

  • 撮影機材について

    PHANTOM3:驚異的な空中姿勢制御テクノロジーにより、安定した飛行でなめらかな空中撮影が可能な機体です。HD画質でのリアルタイムの映像確認が可能で、屋内での飛行やGPS感度が低い際、機体下部のカメラと超音波センサーから成るビジョンポジショニングシステムにより安定した飛行が可能です。

  • 空撮賠償責任保険

    クラックスでは万が一の事故に備え、空撮賠償責任保険に加入しております。

    対人・対物賠償(1事故につき上限5億円)

Aerial Photography
空撮の使用用途

  • 地域や観光をご紹介する空撮の写真、ゴルフ場のコース写真、人文字、規模の大きな対象物をお持ちのお客様。

  • 工事現場の上からの現況確認や人の立ち入れない場所などを動画や写真で空撮を行います。

Aerial Photography
事例:動画

Aerial Photography
事例:写真

Aerial Photography
料金について

  • 空撮
    動画

    • 動画スペック:1920×1080px フルHD
    • ISO 感度範囲:100-3200
    • 動画編集:上記事例動画のような簡易的な編集を行います
      ※最長5〜6分程の動画を作成します。
    • 価格:150,000円〜
    • フライト数:4フライト(1フライト約3〜8分)
    • 遠方交通費・宿泊費:実費もしくはご相談
  • 空撮
    写真

    • 写真スペック:最大サイズ3000×4000px
    • ISO感度範囲:100-1600
    • 価格:100,000円〜
    • 写真撮影カット数:写真データ5枚
      ※パノラマ撮影の場合15枚程の写真を合成し、
      1枚のパノラマを作成します。(360°画像は作成できません)
    • フライト数:2フライト(1フライト10分)
    • 遠方交通費・宿泊費:実費もしくはご相談

Aerial Photography
注意事項

  • 撮影場所につきまして
    上空の不意な気流の乱れなど不足の事態を考慮し、通行の多い場所・人が多く集まるであろう場所、車道・橋・線路・高速道路付近・高圧電線付近でのドローンによる飛行は控えさせていただきます。ただし、撮影の目的(被写体)が建物や道路自体の場合、管理者の許可及び改正航空法に準拠した飛行申請が承認可能である場合は安全に考慮しながら撮影をすることは可能です。また、撮影の目的である被写体との距離・高度・天候等物理的な制限が発生する場合もございます。人の顔や車両のナンバープレートが明らかに視認できる場合はぼかし処理等を施すよう心がけます。
  • 飛行制限
    下記場所につきましては、飛行を行うことができません。
    ・首相官邸・国会議事堂エリア、民間・軍事空港施設付近等、改正航空法や条例で指定されている飛行禁止区域
    ・電波状況や気象条件(風速、霧等)により、撮影できない場合があります。
    ・日没後は飛行を行うことはできません。
  • 天候につきまして
    雨天や強風の場合は撮影を控えさせていただきます。通常の写真撮影と異なる点と致しまして、撮影時間帯によって撮るべきポイントの被写体が逆光によって写りが悪くなる場合がございます。その場合は撮影時間、日照角度等を検討し撮影を行うよう努力致します。
  • 飛行距離・高度につきまして
    撮影・操縦を行うスタッフのいる場所を基準として、水平飛行を半径100m(直径200m)以内、垂直飛行を高度100m以内とさせていただきます。※気象状況や電波状況により、飛行空域が、さらに狭くなる場合もあります。
  • 飛行時間につきまして
    1日あたりの撮影において、バッテリー仕様の問題から約6分以内の撮影を6〜7回とさせていただきます。
    【重要】
    2015年12月10日より施行された改正航空法に準拠した空撮となります。
    URL: http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談、資料請求は下記ボタンよりお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

  • ウェブ解析士認定講座・検定

  • パートナー(ProNet)

  • プライバシーマーク制度
    株式会社CRUXは、
    プライバシーマークを取得しています。
ページの先頭へ戻る